生活

ググる力(検索力)を付けましょう/ググレカスと言われないために

ググる力を上げようーググレカス

ようこそ♪「ドラ香」です。
ドラ香-どらか
今回の内容は、
ググる力(検索力)の大切さと、ググらず質問してくる方への対応方法についてです。

このブログでは、これまでに色んな記事を書かせていただきました。

有難い事に…感想の言葉をいただく事も出てきました。

本やネットでは教えてくれないことを知れて、実践しやすいです
まるで自分が体験したかの様に感じて勉強になりました!
ドラ香さんの記事見てたら自信出てきました
Twitterのリプ
ピーくん
ピーくん
・・・。

あら?最後…すいません(笑)
尊敬する人からのお言葉で、すごく嬉しかったもので載せてしまいました♪

そしてそして、
記事が少しずつでも増えてきた現在、ご質問をいただく事もできてきました♪

色々、有益な情報と適切で思いやりの溢れたアドバイス。
ありがとうございました。

本当にブログはじめて良かったと思っています。ありがとうございます。

が、
そんな、お役に立ててすごく嬉しい一方で…。
はい、ここからが本題です。

答えようのないご質問に困惑する事も多々あるのが現実。

ドラ香
ドラ香
本当に、同じ時代を生きている人たちなの?

と思ってしまうほどの質問内容だったりします…。

今回は、そんな質問力(検索力)のない方々、
そして、そんな方に質問された時の対応法について書かせていただきます。

ググる力(検索力)を付けましょう

スマホ-ググる
さて、ググる力ってきくと、どんなことを思いますか?

ワードをスペースで区切るくらいしか分からない
ウサたん
ウサたん
普通にやっているそれをAND検索という
OR検索とか完全一致検索とかあるのは知ってるけど、よく分からないや

そうですね。
Google検索には、あまり使った事ない機能を合わせると実は色んな機能があります。

皆さんがよく使われているであろうAND検索(スペース区切り)をはじめ、

OR検索、除外検索(-)、
完全一致検索(“)、タイトル検索(site:)
テキスト検索(intext:)etc…。

が!
残念ながらこの記事は、そんな機能のご紹介はいたしません。

正直、私自身は普通に調べたい事がある方(世の中の大半の方)は、
通常の「AND検索(複数のワードをスペースで区切る)」だけで充分だと考えています。

ドラ香
ドラ香
このAND検索という言葉も覚えなくて大丈夫ですよ。

それでも上記の様々な機能が必要な方(ブロガーさんなど)
色々知ってみたい…という方もいらっしゃると思います。
その場合は、ググって別の詳しいページにお飛びください。

ただ…
「ググって出直して来てください」としか言いようのないご質問をされる方は、
通常の検索さえもできていないんですよ。

「ググったけど出てきませんでした」
という事を質問文に加える人ほど、ググったアピールしているだけでは?と思うほどです。

どれ?と検索してみると、その方の疑問に答えたものがズラズラ出てきます。
質問内容に詳しくない私でも、それ見て回答できるくらい出て来るのですよ。
そのたび、私も知識がつくので喜ばしいことではありますが…。

名称が分からないから、検索できない時は?
ドラ香
ドラ香
それは…言い訳ですよ?

例えば、
「セキセイインコの色」と検索すれば、その色と色の名称がすぐ出てきます。
次に、「セキセイインコ (色の名称)」でAND検索。

そうやって検索を繰り返す事により、新たな検索ワードが次々に広がっていくはずなんですよ。
人に聞くよりも優れた回答は、Google先生が持ってます。
そして、Google先生は、何度聞き直して(検索して)も、文句を言いません。

人を相手に、失礼のない質問文を考える暇があったら、
検索窓にワードを打ち込み続けた方が利口ではないでしょうか。

ググる力は質問力もアップします

とても知識豊富な方に質問してみたい。
それは、とても理解の出来る事です。

でも、見かけません?
質問してスルーされている残念な方を。

ドラ香
ドラ香
ここでいうスルーとは…
誰にも答えてもらえないという状態だけではありません

優しい方に、遠回しに「ググっておいで」と言われている人の事も指しています。

例えば、以下の質問、あなたならどちらに回答したいと思いますか?

アイスクリームのおすすめってありますか?
甘味をおさえたバニラアイスのおすすめってありますか?
検索して気になるバニラアイスは「〇〇」「□□」です。

どちらが回答がつきやすいかなんて申し上げる必要もありませんよね?

大事な事は、回答者にできるだけ質問をさせない質問文を心がける事ですね。

ウサたん
ウサたん
Aなんて、好きな味は?と、はじまるので面倒
ピーくん
ピーくん
そうそう、こういう人に限って、
回答すると「あー、それ食べた事ありますけど…」とか言い始めるんだよね

逆に、Bは答える中で楽しい会話が広がりそうですよね。
答える方も、良いバニラアイスの情報に出会えそうです♪

要するに、ググっても分からない事を聞くという姿勢でいきましょう。

あ、アイスクリームは食べてみないと分からないですが(笑)
そういう意味ではなく、
自分なりに頑張って探して、探せなかった事を聞くという事です。

ただし、何度も言いますが、
一般的な方が持つ疑問というのは、ググれば、ほとんどが出てきます。

また…
質問力がせっかくあるのに、読みにくい人もかなり損をしていると思います。
コツとしては、
改行や空白、記号や囲み「」[]などを使って読みやすくすることでしょうか。

本当に、才能ある成功者ほど、質問の仕方だけで見捨ててきますからね?

ドラ香
ドラ香
回答する事で自分の復習になる…なんて思っている、私みたいな人間とはレベルが違います。

彼らは時間をとにかく大事にするんです。
だからこそ、成功者なんですよ。

そういう方と親しくなっていき、レベルを上げたい方は、
まずは質問の質をできるだけ上げましょう。
それは、つまりご自分のためですよ。

集客(営業)を考えるならググる力は必須スキル

本当にググった?

営業さんは、物を売る事だけに集中しても売れませんよね。
大事なのは、いかに相手の事を知り、何を欲しがっているのか考えるかというスキルです。

そこにも、ググる力が物を言います。
お客さんが発したワードなどでググって、相手にとって魅力的な情報をどんどん提供する。

また、リアルタイムで営業するばかりではなく、
最近では、ホームページ、SNS、ブログなどでの集客も必要になってきています。

ホームページやブログでの集客を望むのであれば、
「人は、どんなワードで、このページにたどり着くだろう…。」
というのは普通に考えなければいけない事ですよね?

例えば、この記事のタイトルには、あえてきつい言葉である「ググレカス」というワードを入れています。
何故か分かりますか?
どっちかと言うと入れたくない言葉ですし、インパクトをねらったわけでもないんですよ。

理由は、検索下手な人が目にすることの多いワードだからです。
「それってどういう意味?」と調べてたどり着いていただけるかもしれない。

ウサたん
ウサたん
ブログのタイトル、記事内容の決定にも、ググる力が必要

人を相手にするからこそ、
ググるというスキルをアップさせることはとても重要な事なんです。

集客(営業)に関わる人は、「ググレカス」なんて言われる人にならないでくださいね。

困った質問への答え方

ググレカス
さて、逆に回答する側のお話です。
が、
ここを読むことで、逆に質問の仕方も把握できるかもしれません。

実は、「え?」と思うご質問にも、私も丁寧に丁寧にお答えしていた時があったんですよ。

ドラ香
ドラ香
私自身、お答えしながら再確認もできますしね♪

だけど、質問力ない人は文章力もないのでしょうか?と思うくらい
こちらが丁寧に説明した内容に対して
「ありがとうございました」「分かりました」のみ。

いや感謝の言葉が欲しいわけじゃなく…。
本当に分かったの?です。

ウサたん
ウサたん
分かるなー、この無駄感…
ドラ香
ドラ香
そう。ほんと、脱力しちゃう…。

だけど…。
まだ最悪なパターンとして、
ブログ読んで質問してくださってるはずなのに、ブログに書いてある内容を質問してくる方がいらっしゃるんですよ。

あ、今読んでくださっている、そこのあなた、ギクッとしなくていいんですよ。

明らかに長い記事も存在していますし、
ナナメ読みしていただいたり、興味のあるところだけ読んだり…。
それは、本当にそれでイイんです。

だけど、質問をしてくるのであれば、最低限の礼儀として、
「ブログに書いていなかったか」と読み返してみるくらいはしていただいてもいいのでは?

もちろん、自分のブログを見返してほしいなんて言えないでしょう。
私も、言いません。
でも、この記事では言います。

「もう一度読んで、出直しておいで」
「ググって出直しておいで」

結局、最善の回答は?

で、結局、そんな困った質問への最善の回答は、

ウサたん
ウサたん
ググレカス

あ、いえ、そうは言えないでしょうから…。

「〇〇(スペース)□□」というワードでググってみてくださいね♪
が、最善だと思っています。

ドラ香
ドラ香
ちなみに私は、回答する前にググって確認しています。
ググれと回答するからには、ちゃんとした情報があるかを確認したいからです。

この方法は、
ググる事の大切さと方法を教えられますし、質問者も傷つけません。

ピーくん
ピーくん
ワードが分からない人にも参考になる回答だね。

ググればほとんどの事は分かります(まとめ)

いかがでしたでしょうか?

やっている人は普通にやっているGoogle検索。
ググリ倒すことで、そのスキルを上げて知識を入れていきましょう♪

ドラ香-どらか
要点をまとめさせていただきます。


・Googleの数ある機能に頼らなくてもAND検索で充分
・ググった先で新たなキーワードに出会う
・ググる力は質問力も上げる
・集客、ブロガーには必須スキル
困った質問には
・ググるキーワードを教えて差し上げるだけ

質問するのが悪いというわけではありません。
ただ、誰もがしているような質問を簡単にしてしまうより、
どうしても調べても分からない事を聞く方が、質問の質は上がり、広がるはずですよね。

そうする事で関わる人の質も上がっていきますよ♪

それでは、最後まで読んでいただき、有難うございました。

ドラ香のブログ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です